sa10のうぇぶろぐ。

まったりゲームしよう。

机、買い足しました

どうも、でかい机が好きです!sa10です!!

 

妻分の机を買い足したので、今までの机も含めてレビューします。

 

自分なりのでかい机自体のメリットデメリットも併せてお伝えしますので、新しい机を検討されてる方はチラッと見てみてください。

持ってた机、買い足した机について

どちらもfantoni GTという製品を使用しています。

 

最初に購入したのは幅160cm奥行き71cmの木目天板。

f:id:sa10_t:20180506203516j:image

 

次に妻用に購入したのは幅は同じ160cmですが奥行きは80cmの木目を選びました。

f:id:sa10_t:20180506203531j:image

 

何故こちらの製品を購入したかというと140kgでたわみの試験をしており、耐荷重がそれなりでお値段そこそこという理由です。

 

耐荷重の大きさが必要なのはappleのThunderbolt displayを使用しているからで、重いんですこれが。

 

妻用の机は見た目的に同じ製品で揃えたかっただけです(笑)

重いものを乗せるとかそういった理由はありません。

ただ使用していて奥行きが71cmだとちょっと足りないと感じていたので80cmを選びました。

 

fantoni GTの気になる所

この製品を買ってから気になった所を箇条書き。

 

・机自体が重い

これは商品説明にもあるのですが、実際に一人で組み立てたり、移動させようとするとかなり大変です。

筋肉に自信がある人は多分大丈夫。

 

・細かいゆれが発生する

キーボードをタイプするだけで細かいゆれが発生し、ベタ起きのモニターやアームで使用してるモニターが細かく揺れます。

 

想定してる作業次第では致命的だと思いますので、購入する前にYoutubeなど動画で確認してみて下さい。

つっぱり棒とかつけたら軽減するのかなぁ…

 

それ以外は満足している製品なので、上記の部分に気になる所がなければ購入検討もありです。

 

でかい机のメリット、デメリット

という事でそもそもでかい机のメリット、デメリットを上げていきます。

 

メリット

作業スペースが広いので多くのモノを置くことができる。

 

妻用机の写真だとノートPC、ベタ起きモニターを配置してもリボン製作のスペースがあり、キーボードやリボン製作のモノを横にどければ書類も扱えます。

自分の机はごちゃごちゃしてますね(笑)モノが多すぎる。

 

もちろんフルに机の広さを使用する場合は筆記用具や書類などをデスクワゴン、サイドワゴンなどで整理する必要があります。

 

デメリット

部屋のスペースを圧迫する。

6畳の部屋に配置したら、後は布団やベッドを置くだけでいっぱいになる。と思います。

 

まとめ

ざっくりとでかい机について書きましたが、購入検討している方への資料になればいいなという思いと、でかい机はいいですよという自己満の記事です。

あと妻の机がきてから71cmより80cmの方がいいなと感じたので、もっと奥行きがあってもいいかもしれません(笑)

f:id:sa10_t:20180506203435j:image