sa10のうぇぶろぐ。

まったり。されど、こゆ目に。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた 感想

どうも、ピカチュウは第1世代よりスタイリッシュになったと思うsa10です。

 

今日、タイトルの通り映画を見てきたので感想を書きます

新しいポケットモンスターとして見ればいいんです?

タケシとカスミは出てきません。出てきてません…

台詞は彼らのものを使ってたりするんですが、別のキャラが喋る。違和感すごい。

 

しかも過去の人物をゲスト出演させてたりエンディングでチョロッと出てきたり、もう何がしたいのかさっぱりわかりません。

レギュラーメンバーはほぼ新規なのに…

 

過去の作品をなき者にしたいのか、したくないのか何がしたいのかさっぱりです。

 

マーシャドー出てくる意味あった?

さっぱり存在意義を見出せませんでした。

ホウオウかっこいい。動くと尚かっこいい。

 

おわりに

気になるところをあげましたが、よかったところも過剰書きで上げます。

 

・音楽よかった 

・作画よかった バトルシーンかっこいい

マーシャドーが貰える

 

と、良いところもありますが上記の気になるところもあるので評価としては『マーシャドーが貰えるから行くか』です。そのマーシャドーもこの映画での評価は個人的に低いです。

ピカチュウとの絆が推されていますが、蓋をあけるとTV版や今までの劇場版とさして変わらず。

ホウオウとマーシャドーの設定も後付けだし。

 

全体として今までの劇場版ではなく、TV版を2時間分やってたような感じです。見に行く前のモヤモヤがそのままモヤモヤしているという。

 

最初期TV版ポケットモンスターを見ていた人たちにはオススメはできない不思議なポケモン映画でした!(きになるなら円盤レンタルでいいと思う)